HOMETopics

★香港ハンセン指数が史上最高値更新(2018年1月19日付)



『ハンセン指数は米株高の流れを引き継ぎ、史上初めて節目の32000ポイントに乗せて スタート。世界的な株高や、世界経済に対する楽観的な見通し、企業の業績期待などを 背景に、リスクオンの動きが先行した。
ただ、大台達成の一朊感もあり、高値警戒感から目先の利益をいったん確定する売りが 次第に強まった。前場後半から後場半ばにかけて指数は節目を割り込み、マイナス圏に 沈む場面もあった。一方、本土市場で上海総合指数が約2年1カ月ぶりの高値で終えたこ とや、日本時間の午後4時に発表された中国の2017年の実質国内総生産(GDP、速報値) 成長率が市場予想と前年実績をともに上回ったことを好感し、後場後半に指数は再び上 向きに転じた。結局、終値ベースでも初めて32000ポインを突破した。』(DZH)
一方上海A株も昨年年末の金融引締めによる下落を脱したようです。

中国政府が資金需要に応えたことが投資家に安心感を与えたということでしょう。ただ、 中国の長期金利は4%超まで上昇しており、懸念材料になっています。詳しくは『たっしーが教える、中国株なら俺に聞け』 のHPを御覧ください。
HSIも騰落レシオからは過熱感が出てきています。NY市場の動向に注意したいです。

Copyright (C) Rimland Economic Research Institute, All Rights Reserved.