HOMETopics

マネックス証券の大槻那奈さんがモーサテに出演して、今年の振り返りをしたうえ イールドカーブにもふれていました。

今年は米国の金融緩和が想定より遅れたことにより米銀のリスクオフ状態が続き米国債 の保有を減らせなかった。


(出所)モーサテ マネックス証券

また、インフレ率が想定より低迷し金利上昇も遅れてイールドカーブのフラット化が 進んでいる。


(出所)モーサテ マネックス証券

今後もイールドカーブのフラット化は進むが、言われるほど心配する必要はないのでは ないかとのことでした。

イールドカーブについては、来年も要注目です。

Copyright (C) Rimland Economic Research Institute, All Rights Reserved.