HOMETopics

★メルトアップ相場(2017年10月31日付)

10月27日の「ザ・マネー〜 西山孝四郎のマーケットスクウェア《の株式投資編です。
➀現在は、上昇相場の最後となるメルトアップ相場である。この後はメルト ダウンが来るであろう。通常、メルトアップの期間は短いが、今回は中央銀行主体 のメルトアップ相場のため息が長いかもしれない。どこで降りるかが難しい。

➁トランプ政権が、予算プログラムを3か月先送りしたため12月まで何もない のではないか。

➂悪材料はあるが反応しない状態になっている。
・カナダ、イギリスでプライム上動産が下げている。
・バフェット指数は100超が割高だが、現在150を超えている。
・シラーPERは30倊超で、今まで1929年の大恐慌時と2000年台のITバブル時 しかない。
・長期金利の上昇トレンド。新興国から資金が逃げる可能性あり。

➃日本は、政府日銀が資産も負債も両方膨らませている。あと5年くらいで限界 がくるとの説が多い。

➄メルトアップ相場は、プロの運用者はとにかくついていくしかない。

➅1にストップ、2にストップでストップロス注文を必ず入れて相場に付いて行く。

いずれにしても米国の長期金利 を必ずチェックする必要があります。
イールドカーブも注目です。

Copyright (C) Rimland Economic Research Institute, All Rights Reserved.