HOMETopics

★日経平均株価が第二次安倍内閣発足後の高値を更新(2017年10月12日付)

日経平均が、アベノミクス相場の前回2015年高値を更新し、22000円も視野に 入る勢いです。今朝はソフトバンク(9984)も新高値を付けています。一方米国株 も高値更新中ですし、香港株<も2015年高値を抜きそうです。
現在の相場は金融緩和によるゴルディロックス相場(適温相場)といわれていま すが、最近の状況を確認したいと思います。

?米国金利は持ち直したものの上昇は限定的。昨日のFOMC議事録の公表で次回の 利上げがはっきりしなかったことから、昨晩は金利が低下しました。
?ドルインデックスは大底は打ったと思われるものの微妙
?金相場も持ち直し気味だが微妙
?米国リート、ハイイールド債、バルチック海運指数なども堅調で株式市場の 暴落の予兆は出ていない。

現在の米国株は割高水準であることは間違いないのですが、どこまで上昇が続く かは、誰もわかりません。日本株については過去のPERと比べて割高感はありま せん。
北朝鮮問題は10月18日からの中国共産党大会が終了してからが本番と言われて いますので、11月位までは、現在の好調が続く可能性が高いと思います。
リスク要因については、以前の「倉都康行さんのインタビュー」の記事のとおり ?中国経済、?米国の金融政策があります。これに加えて?北朝鮮問題の3つが 主要なものですが、?については中国A株の状況を見てもわかるとおり当面の危機 は去ったようです。?についてはイエレン議長の交代の問題はあるものの、金利の 上昇は緩やかなものになりそうです。レパトリ減税法案が成立すれば来年の米国 景気は好調が続くでしょう。?は警戒が必要ですが、攻撃があるとしても来年に なると思われます。(これは分かりませんが)自分はキャッシュポジションが 高い状態ですので、当面は短期中心で、利食いを優先というスタンスで行こうと 思っています。

米国金利http://stockcharts.com/freecharts/gallery.html?$TNX
米国株http://stockcharts.com/freecharts/gallery.html?%24INDU
ドルインデックスhttp://stockcharts.com/freecharts/gallery.html?$USD
金相場http://stockcharts.com/freecharts/gallery.html?GLD
日本株PERhttps://nikkei225jp.com/data/per.php

Copyright (C) Rimland Economic Research Institute, All Rights Reserved.